皮膚科にエキシマライト光線療法機器を導入しました。

2020年3月16日、皮膚科にエキシマライト光線療法機器を導入しました。

エキシマライト光線療法について

乾癬や尋常性白斑などの皮膚科疾患の紫外線治療法としてPUVA療法やナローバンドUVB療法があります。
エキシマライト光線療法とは、それらの紫外線療法よりさらに効果が高いとされている308nm中波長紫外線(UVB)を患部にスポット照射して治療する光線療法です。1箇所あたり2~20秒程度です。週1回の照射が効果的です。

保険適応のある皮膚疾患としてアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑などがあります。

2020年03月25日